Admin New entry Up load All archives

かけっこ料理人 ジローchefの 走り書き

フランス料理とマラソンに燃える オフロードCHEFジローの ひとりごと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

温度差3 

なにげなく毎日を過ごす人と、そうでないひと。


生活でなく、

仕事での話。


改革を掲げ走る人と、そうでないひと。


思い念じた事を、やり続けることは、容易ではない。


休まず働き、遅くまで毎日持続させる事も同じ。

マラソンを走ることも同じ。


簡単に見えて、その局面でなおかつ、走りつづける事を

やめないことを、続けることは、しんどい。

しんどいでかたづけられないくらいしんどいので、葛藤する。


やめる?とまる?歩く?走る?

壊れてもいい?こわさないように、だましだまし行く?

恥ずかしい?そうでもない?やめた言い訳する?それだけはヤダ?

意地見せる?そんな元気ない?元気ないとこまで、走った?

ほんとに限界?そうでもない?楽したい?らくになりたい?

???????????????

葛藤。


マラソンは葛藤を超えた、極限で勝負します。

やった人・・特に、苦しんだ人にしか、わからない言葉です。

その葛藤を目の当たりにしてから、そこから、どう動いたか?

そこから、苦しさを抱えながら、制限時間内に

しかも、去年、前回より自分越えをして、


「結果」を出した人にしか、見えない、葛藤です。



これが、


ジロー流の「温度」なんです。


そこから、歯を食いしばって、動いた人。


それが、もうすでに「結果」なんです。


ジローのマラソンなんか、子供だましみたいなもんですが、


世界で戦うアスリートは、

すごいですね。


上村 愛子さん

感動しました。「結果」を

強く感じました。     泣けた。



でも、


大きさじゃないんです。


人は皆、同じステージで立ってるし、
みんな24時間の1日だし、ジローも大統領も総理大臣も、

寝て起きて、1日24時間でしょ。


歯も磨けば、クソだってする。


オリンピック選手だって、ジローだって、痛みや、しんどさは、同じです。


そのステージ、

同じジャンルのステージで、



「温度差」は


発生します。


どの温度が、「適温」なのかは



わかりません。



けど、自分の体温くらいわかります。


料理を作っていく上で、


それにかかわる人たちと、


「適温」になったり「温度差」を感じたり


いま、仕事上でやらなければいけない事は、


だれもが、わかっているはずなのに。


動かない奴は、なかなか動きません。


いや、


動かないんです。


いまさら、動くわけがないんです。


ぬるま湯につかって、いままで、


動こうとしない奴が、動く道理がない。


葛藤のあとに、踏み出せるか、止まるか・・・・・


ここが、「結果」なんでしょう。


「結果」は、見たやつにしか、見えないんだと


強く思ってます。



「見に行ってください。」


動いてください。



ジローが、大きなホテルにいて、
12年働いたのに、
全部帳消しにして、やめたのは、

毎日会社の文句を言って、
夢や、自分の思想や、俺ならこうするとか、会社はこうすべきとか、
饒舌に呑んで語ってた時に、

ある尊敬する方から、



「そんなにやめたいなら、明日やめればいい」と。




彼は若くして、会社を1人できりまわし、
少ないが、何人かの従業員を支えてる社長でした。


「人には、2通りある」



「やめたいと言って、明日やめる奴と、やめない奴。」



ただ、それだけ。だと。


衝撃が走った。


次の日に、


辞表を出した。


「明日やめる奴」になりたい、


ほんとの自分に、その時はじめて気付いたように思う。


勇気がいりました。
こう見えて、責任感は、強いほうだし、
明日やめるなんて。

おかげで、今があります。
シェフやってます。

葛藤からの、一歩。



「志は意識を変え、意識は行動を変え、行動は結果を変える!」


前にも言いましたが、
葛藤から、もう踏み出してる同志がいます。


苦しさから、動く事で、


「結果」がでます。



マラソンのレースや、オリンピックのように、
大きな感動は、たくさんの人間が、スタートして、
生まれるような、気がします。

温度差なく、思いっきり、



あばれたい。  と強く思う


できれば、みんなで。



不完全燃焼で終わらん。



フルマラソン3週間前


かけっこ料理人、2010年2月16日「沸騰全開」の、走り書きでした。








スポンサーサイト

category: 温度差

thread: フレンチ  -  janre: グルメ

CM: 6 TB: 0   

温度差 2 

為せば成る
為さねば成らぬ
何事も
成らぬは人の
為さぬなりけり

ジローの好きな(格言?短歌?)です。


好きと言うより、

これまた前回と同じように、(シェフってやつ)

なにかある度に出てくる、


呪縛のような・・・言い聞かせのような・・・・


なんせ、


何かに突き進んでる時に、鼻歌のようにうたいます。


同世代なら、ロボコンのテーマソング知ってますよね。

「為せば成る~為さねば成らぬ何事も~
そ~れがロボット、ロボ根性~

ってな感じで・・・

小学生の時から、窮地に立ったら、この歌うたって

根性見せてきた。

だから幼稚園から1回も今まで、休んだ事は無い。

根性なら、金本のアニキにも負けない・・・ような気でいる(あはは)


だからいつも自分でやらなければ
何も変わらないし、
変えられないし、
誰かのせいにしても
しかたないし、

ほんで、

出来ない事など無いと思ってる。

出来ないのは、人生がそんなに長くないから。


ジローにもし500年くらいの寿命があったら、

できる。


今、できてる事は、

できる事から、順番にできてるんだろう。と。



仕事や、料理でやりたい事なんて山ほどある。
毎日、興味津々で、
時間が惜しくてたまらない。

毎日熱く生きたい。

ほんとそう思って生きてます。


そんなシェフも多いですよね。

仲良くしていただいてるシェフの浅井氏だって熱いよ。
         ↓
とあるイタリアンシェフの脳みそ

この温度がいいんです。


同じくらいの温度差が。


前にもいいましたが、
温度を感じないやつ、


温度に大差があるやつ。



一緒に仕事なんかしたくも無いです。

ジローの体温より、熱い人に手をかざしたくなります。


○チャンネルのような、
誰かわからない様な場所で、
わけの分からない事を
自分の居る場所でさえも、
逆ギレ的に文句ばかり言っているような、
冷めきった人と、
仕事したくないし・・・
嫌なら、辞めたらいいのにって思う。


自分のブログで、
公表して、
熱い事を
恥ずかしげもなく
言ってのける
そんな人と、絡みたいと強く思う。

自分の会社や仕事場の嫌なことを、
自分の名前で勝負せず、
ウダウダとあることないこと言うやからは、

ホントにその場所で生きる 根性があるのかっ  問いたい。
自分も給料もらってんだろうし。

まあ

冷めてるヤツなんか、どうでもいいけど。

そのてん

ロテル・ド・比叡には、

温度差を感じさせない
熱い人間が、

いがいと沢山、いらっしゃいますよ


うちの雲の上の人に

変なふうに受け取らないでくださいね。


そのくらい偉い(スゴイ)人。





教えてもらった・・・・

  

ことば。


「志は意識を変え、意識は行動を変え、行動は結果を変える!」


ロボ根性でしょ。



かわりましょう。

かえてみせましょう。


「為せば成る」


んです。



「結果」大好きです。


ケンカ上等です。


温度差を感じない
雲の上の同志がいて、

うれしく、


なんか、頑張れる 気が します。



ゲストの美味しい顔をみて、
熱い仲間たちの微笑む顔がみたい。



沸点へ。




温度差を無くして、


音頭を取って 「サー!」でイキマショー(あはははは) うまいっ!




category: 温度差

CM: 2 TB: 0   

温度差 

小笹農園・・・

とてもよくしてもらってる農家さんです。
世界的にも有名な東京のシェフにも、野菜を提供されてます。

ホーム ↓
http://www.ozasa-nouen.jp/

農業家の、長(ちょう)さん。(長造さん)

P1020661.jpg


熱い男です。


先日、ロテの社員で、小笹見学に行きました。
2班に分かれて、2日間・・・・・

P1020665.jpg

自分達の使ってる野菜が、どんな所で、
どんな風に、どんな人が、どれほど強い思いで作ってるか、




知ってもらいたくて。


まずは、    米。

いろんな野菜もつくっていらっしゃいますが、

うまいんです。

P1020655.jpg
すごいたくさんの乾燥機で
P1020657.jpg
すごい量の近江米です。

みんなお土産に新米いただきましたが、
ほんと、もちもちして、美味しかった~

P1020698.jpg

次にハウスの方へ・・

奥の山の真ん中のくぼみのへんが、ロテです。
ロテのテラスからも、小笹のハウス地区が、よく見えます。

無理にお願いして作っていただいてる、
フヌイユ
からし水菜
小さな京人参(金時人参)
黒大根
大根です。
紅白ラディシュも・・・
P1020681.jpg
P1020674.jpg
P1020701.jpg
P1020690.jpg
P1020688.jpg
P1020678.jpg

小笹さんは、無理しなくても、
大根作りの名人です。
冬になると、真っ白な大根(桜風)が、
ハウスを埋め尽くします。
ただ、秋にも大根が欲しかったから、
無理に作ってもらいました。
写真みたいに、夏を過ごした大根は、葉がよく育つので、
味はいいのですが、葉が重たすぎて、
大根が真っすぐ伸びず、曲がってしまうそうです。

だから、作らない。    そうです。

黒大根も、お願いしたら 種を探してくれて、
作ってくれました。

みんなで大根抜き。
P1020691.jpg
すごい 抜ける時・・・・・快感。


ほんで、冬用の大根の種まきも、体験させていただきました。

P1020746.jpg
みんなで。
P1020744.jpg
やっぱ長さん すごいうまいわ。 早い。

だって、ハウスって、おそろしいくらい、広い。

ほら
P1020748.jpg

ほうら
P1020677.jpg

こんなに、長い距離を、
長さん、奥さん、おとーさん、おかーさんが、3粒づつくらい、
ぱっぱと、蒔いていきます。   年期がちゃうわ。

3粒づつ蒔くのは、競争させて、いいヤツだけ残して、
間引くためだそうです。
間引きは、サラダでつかわせてもらってます。
葉がハート型だから、ウエディングなどのあしらいに最高です。
味も辛くなくて、ほんと美味しいです。


これ、   種。
P1020747.jpg

はじめて見た。


土に嘘をつかない。
土は嘘をつかない。


小笹さんの農業の心。
P1020705.jpg
P1020707.jpg

上が牛糞、下が鶏糞。

上のなんか、3年(だったか)くらいかけて、土にかえるそうです。
ミミズが、わんさか生息してる・・・そのくらい
年月かけて、いい土を作ってるんですね。

土から・・・・・

熱い。

土の事、話出すと・・・

熱い
P1020708.jpg

長さん いわく、

ウンコじゃねーよ。  宝の山に見えると。

同感です。

でも、そんな苦労、ジローには、
気安く、えらそうに、同感なんて言えませんね。

でも、    同感です。

0909小笹新聞

信頼。
新聞の1面をかざりましたね。

熱くなります。

生産者、それを使う者、それを食べる者、



その、3者の温度差があったら、楽しくないですよね。

もちろんそれを取り囲む、自然もあります。


熱い人、さらに熱い人、そして熱い人。



1人でも冷めてるヤツと仕事すると、

ヤになります。

温度差は、いつでも付きまといます。

同じ温度の人と仕事がしたい。  


したい。


野菜使うときが、
楽しいです。ただの野菜ですが、
どうやってもっと美味しくしてやろうか、考えたくなります。

ただ、それだけです。


ジローの思いは、熱いでしょうか?
伝わってますか?

だだの野菜を使いました。
_S9W2452.jpg

伝わってるでしょうか?


同じ温度を、ありがとうございます。




ホントなら、今日、誕生日だった、

ジローの熱い親父のことを、思い出して、





熱い事を書きたくなった、12月1日の走り書きです。







category: 温度差

thread: フレンチ  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。