Admin New entry Up load All archives

かけっこ料理人 ジローchefの 走り書き

フランス料理とマラソンに燃える オフロードCHEFジローの ひとりごと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

育成学園料理講習 2010 

今日、9日の昼に

今季 初の 

「雪



降りましたぁぁぁぁぁぁぁぁ。(寒)




さて、少し前ですが、今回も尼崎にある、

育成学園の料理講習に呼んでいただきました。


Pik1060767.jpg


年に1度、卒業生に、現場のシェフから

料理の講習。  デモンストレーションと言うわけで・・・



今回のメニューは、

オーソドックスに

「オマールエビとジロール茸のグラタン」

に決定しましたぁ。↓


Pik1060744.jpg

学校の方で、カワイイ シェル型のグラタン皿を用意していただき、


初めの1時間は ジローのデモ。


残りの時間で実習の始まりです。



Pik1060750.jpg

さすが始まると


みんな真剣な表情ですね。


Pik1060753.jpg


今回は、なな なんと!

学校の方から

「オマールブルー」

ブルターニュの活オマールエビを用意していただき、


ジローのテンションも  てな感じで、

Pik1060754.jpg

がんばってみました。


Pik1060755.jpg

外子も貴重ですから、

あとで入れましょうね。


Pik1060764.jpg


いい色でしょ。

「ブルー」

Pik1060756.jpg

殻はダシをとって

ソースに使います。

Pik1060761.jpg

今回の料理は


フレンチの基本


ポアレ(焼く) グラチネ(グラタン) ダシをとる
炒める(キノコ)ソースを作る(サヴァイヨン)=温かいマヨネーズみたいなソース

と、

いろんな要素がまじってるけど、

簡単で、しかも、失敗の多いサヴァイヨンソースを

どんだけ集中して 短時間で作るっていう、

営業重視の基本メニューのつもりでやってみました。


Pik1060758.jpg

地味な料理ですが、

大切な基本が

いっぱい詰まったメニューですね。



今回のデモには、

育成の卒業生で、今ロテの新入社員の



大國君と

Pik1060746.jpg


北川君にも

一緒に後輩の指導にあたってもらいました。


Pik1060759.jpg



いい感じで皆さん最終段階ですね。


あとは、

熱いオーブンに入れて仕上げと片付けですわ。



Pik1060763.jpg


最後までしっかり指導。


Pik1060765.jpg


最後までしっかり指・・・


Pik1060751.jpg

「うまいか?」






長谷川先生も

ちゃんと終わって ひと安心。


Pik1060768.jpg

画像は今回なしですが、

今回も牧山先生にはお世話になりました。


ありがとうございました。







今回のデモが終わってから

生徒の皆さんから


感想のアンケートをいただきました。




たくさんいい言葉が


入ってましたが、



その中に・・・




コメント2
コメント1


こんな感想が

多いことに


自分でも驚いてしまいました。





俺・・・


料理してるとき・・・


「笑顔」


なんですね。


「楽しいおいしさ」に   感謝。




今度はあなたたちの番ですね。

世界中を「笑顔」にしてください。


では、また こちらの世界で。    合掌。
スポンサーサイト

category: 育成学園料理講習

thread: フレンチ  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   

若い力 

本日ジローは、尼崎にある、ÉcoleCP育成調理師専門学校
の、

一日講師として、
フランス料理を講習してきました。


ロテにも、卒業生が、たくさん(言っても4人ほど。でも8人中だから、スゴイ)
働いてくれてます。

昼のスタンバイを終わらせて、卒業生の(2年目)西東をアシスタント
として、つれて行き、名神ぶっ飛ばしで、
予定到着時刻に15分遅れて(学校の先生すんません)
すべりこみセーフって感じで。

挨拶もそこそこで、食材チェックをすませ、スタートしました。



メニュー説明から・・・・・

P1020601.jpg

みんなが、グーっと前へ集まり、わいわい的な感じで、
本日のメニューは、「カイユ(鶉)のファルス」です。

どうせやるなら、一人に1羽づつのほうが、楽しいと思って・・・・


1時間、手本を見せてから、(こんな感じ)
少し簡単でシンプルにしてみました。
P1020607.jpg

生徒達の実技開始です。

P1020614.jpg

手前にいるデカくて、ビンが長いのが、西東くん。
先輩として(一応?)教えてくれてます。
(意外と、しっかりしてきました・・・・・よね・・・・・・)

まだ皆さん、若いですが(これ言うようになったら、おっさんかなー)
礼儀正しく、頑張ってますよ。

ほほえましく思います。(ジローと2まわり違います。平成生まれですよ・平成)


ほんで、結構、手際もよく、いい感じで、やってくれてますよ。
(先生の日々努力のたまものでしょう。)

P1020606.jpg

ジローもチェックしながら、楽しくやらせていただいてます。

ほんとみんな楽しそうですね。


これが大事なんです。
日頃ジローもキッチンでは、
さっきの西東とか、新入社員とか、ボコボコにしてますが・・・・・
(ホントですが、何か。)

楽しい仕事をしてるのですから、
怒られても、苦しくても、辛くても、楽しいんです。


忘れてはいけない。楽しいんです。


でも、お客さんは、そんなジローたちが作ったものを、
全ての信用の名の下に、

なんの疑いもなく


その皿に、盛った物を


口に運んでいただいてます。



だから

だから、


楽しいことなのに、
きびしいんです。つらいんです。守らなければいけないんです。

この子たちなら、出来るでしょう。

期待です。

P1020629.jpg
あはははは、間違えた。

P1020612.jpg

真剣そのものです。

P1020635.jpg

では、

いただきましょう。

きっと、


美味しいはずです。

まずいなんて言葉、
だれが作ったんでしょうね。

美味しい。

先生もそう思いますよね。

P1020640.jpg

無事やり終えた子供達の顔を見て、
日頃、怒鳴りつけている先生の顔も

美味しい顔です。(ホントよかったです。)



今日の仕事に感謝

P1020637.jpg


牧山先生、長谷川先生、
あと、裏方で働いてくださった、職員の方々

おつかれさまでした。


いろいろ、その世界では、討論もありますが、
さっきの先生と、生徒の

あの美味しい顔が、

お母さんと子供の関係のように、



真の・・・・・



食育だと、感じました。
(偉そうに・・・・・・・な・・・・・・何か?あはははは)


若い力を感じました。

この業界に未来あれーーーーーーーーっ





いろんな意味で・・・・

P1020638.jpg

ご馳走様でしたーーーーーーーーーーーーーぁ。  ふぅ。








category: 育成学園料理講習

thread: フレンチ  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。