Admin New entry Up load All archives

かけっこ料理人 ジローchefの 走り書き

フランス料理とマラソンに燃える オフロードCHEFジローの ひとりごと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

男の道具 2 



愛用のナイフ。

皆さんもありますか?

P1060420.jpg

ジローはこの、グレステンがお気に入り。

新潟の会社だったと思う。

新潟は刃物も有名ですよね。

しかもこれ、

もう20年近く愛用してますが、色あせませんよね。

特注なんですよ。

世界に2本。

2本ともジローが持ってます。

P1060421.jpg

この、刃の部分。

既製のタイプは、もっと短いんですが、

もう少し長いのがほしかったので、

グレステンさんに頼んで、作ってもらいました。

刃渡り18㎝くらいかなー。

1本目試作して、ダメダシ・・・それを先輩に買ってもらって、

2本目で完成。 予備で、もう1本頼んで買いました。

今では、このバージョンも、既製のアイテムになってるらしいですが・・・。


多分ジローが初めてだとおもいます。


そんな、思い入れの強いナイフです。



で、


男ってナイフとか、刃物が大好きでしょ。

ジローは「バタフライナイフ」が大好きで、

かなり集めてましたが、

20代の貧乏時代に全部泣く泣く売りました。


あの、バタフライナイフをカチャカチャ不良みたいに

出したり閉じたりがスムーズにしたくて毎日、指を切り刻みながら、

練習しました。


いまでも上手です。


大好きな映画「ストリート・オブ・ファイアー」の1シーンで見てから・・・


凝り性なんです。


どーでもいいか。



しかし、砥石でナイフを磨いているときが、

至福の時だわー。



刀鍛治になりたいって本気で思ってた頃がありました。

いまでも、刃物が大好きです。


「凛」とします。


この道具が


ジローの


死ぬまでの


「生業」そのものだと思っています。



死ぬまで大事に「相方」として

磨き続けましょうぞ。   


グレステンに


感謝!!!

P1060420.jpg





スポンサーサイト

category: 男の道具

thread: フレンチ  -  janre: グルメ

CM: 4 TB: 0   

コメント

ぼくも、

同感です。

愛用している鍬(すき)は15年もの。
サブは今、鍛冶屋さんにて修理中。

「良農の鍬はかがやく」という言葉がスキで

この頃は特に種まきシーズンなのでいつも一緒です。

いい道具はモチベーション維持に欠かせませんよね。

ちなみにアーミーもあります。v-221

百笑長さん #- | URL | 2010/10/26 13:58 - edit

よっ!

さすが、長さん。

農業家ですなー。

今週また、野菜できてたら、
とりに行かせてもらいます。

ヨロシクでーす。

giraud #- | URL | 2010/10/26 16:12 - edit

いいなぁ・・・

先日、包丁を買おうと思っていた矢先のUPで
見入ってしまいw
遅ればせながらのコメントですが (⌒o⌒;A

心が 落ち着くと言うか・・・
心が 満たされると言うか・・・
不思議な気持ちで満たされますよねr(≧ω≦*)

包丁って いざ選ぶとなると 
想像以上に いろんな造作があって ∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ オォ…でしたw
道具屋筋の刃物屋さんに並ぶ包丁の輝きに魅せられつつ
(すんごい高かったですw)
結局、選びきれずに帰ってきましたw


指を切り刻みながら、練習されたバタナイフさばき
次回 ご披露くださいませ r(≧ω≦*)

gibier65 #- | URL | 2010/11/01 11:39 - edit

いやいや。

>gibier65さま。

そうですよね。
ナイフの輝きは、心が惹きつけられる感じで、
「危ない」と「魅了」が混在する、
宝石とは違う魅力がありますよね。

バタフライナイフ・・・・

腕がなりますなーあはははは。

giraud #- | URL | 2010/11/01 13:16 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://34513451.blog16.fc2.com/tb.php/130-932a5365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。