Admin New entry Up load All archives

かけっこ料理人 ジローchefの 走り書き

フランス料理とマラソンに燃える オフロードCHEFジローの ひとりごと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

10ねん 

そうです。
ロテル・ド・比叡が昨日5/1で10周年をむかえました。
みなさまの応援のたまものだと、思っております。

10年前は、ちょうど何してたか・・・・・・・・
ホテル、ビストロなどを回って、
次のフランス人CHEFの店、を探しながら、
(なかなかフランスに行くタイミングも勇気も無く・・・なさけない)
がんばって働いてました。

せめて今は、フランスで働けなくても、
せめて、こっちでフランス人と

せめて。


その頃です。
ロテル・ド・比叡を紹介していただきました。

ロテがオープンして、半年弱ですか・・・・・だっけか・・・・・・
ジャン・マリー・ローランCHEF(最高顧問でした)
で・・(以後・・かなりこのおじ様は登場するかと・・)
に面接していただいて。
「まじめなら誰でもイイネ」と
かなり聞き取れない日本語で言われて、
ここのフランス人も無愛想なヤツだぜって・・・・・・・・
「ほんとみんな(ジローが知ってるフランセだけですが。)自己中」
って・・・・・・・


思った。
ほんとフランスが大嫌いだった。
フランス料理は、小さい時から憧れてて
あるテレビ番組をみてから、その美しさと
芸術性と感性の虜だった。
でも、この道に入ってから出会うフランスは、
以外に冷たく、料理はやりたいけど、
フランスは、嫌いだった。

だから、若い間、チャンスは、あったと思う。
のに、行かなかった、行けなかった。
でも、フランス料理がしたかった。好きで仕方ない。
結論を出した。
日本で、フランス人とできるだけ絡もう。
しかも、小さい時から、引越しが多く、ふるさとが
無い。
京都を、ふるさと、にしたいと思ってた。
2っが絡んで、京都でフランスを探し始めた。
ほんで、
人生で2コ目のフランスをみつけました。

あっそうそう、さっきのフランス人のおじさんとは、
いまでは、心の底から愛すべき方で、
親友で、戦友で、先生で・・・・・・・・オマージュです。
誤解のないように

フランス料理の迷路に入り込んでから、24年目になる。
まだ、探してる途中。

フランスを大好きになって、知りたいと思ってから、
料理抜きで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・思ってから、


10年になります。
こんな気持ちになれたのも・・・・・・・・


いまジローは、ここで、2番目のフランスで、CHEFをしています。
すごい、偶然だと思っています。


ホントの事言って、
20代の時に決断したであろう・・フランスへの思いを
まだ、根にもっています。
フランスで働いてみたい。
やっと、心から思えるようにしていただいて、10年になります。

こんな思いのコックさんは、たくさんいると思います。
実際、ジローのまわりにも、

フランスに行った人、
行かなかった人、
1年だけの人、
3年行った人、
まだ行ってるひと、
フランス人の人・・・・・・・・・・・・・・・

たくさんいるけれど、みんな、そのへんは、
うやむやで、いろいろで、触れず、自慢して、自慢できず、
気にして、気にしてないように見せて、気にして。

そんなカテゴリーに入らない人も、います。
確実にすばらしい気持ちの人がいます。

フランス料理って何?自分がやっているのは、ほんとにフランス料理?
ジローは、日本人だけど、フランス料理なんて、作れるの?
フランスの有名な店で修行したから、本物のフランス料理を作れてる?
フランスの有名な店で修行して無いから、本物のフランス料理を作れてない?

てな、感じで、トラウマのなかのコンプレックス状態の毎日。
触れてはいけないような、そんなバカバカしい業界。

フランス料理ってどうやって作るのか・・・・・・



あはははははは。
答えは、もうだいぶ前から出てます。
「料理は心」

きゃははははははははは。
神田川先生みたいです。
でも、ほんとそう思います。そうしてます。神田川先生に、「そうだ」って
おおきな声で伝えたいです。
ジローが最初に、ジローの言霊として、いただきたかったと、
心から思います。

10年の誕生日を迎えた、このオーベルジュで、
たくさんのフランス料理を作ってます。(気持ちで)
だと思って作ってます。

そう・・・・・・・
ジローにたくさんのフランス料理を教えてくださった、国内外の
先輩、後輩、友達に、はずかしくない様に。



ジローは心からのフレンチを
今日も山の上、世界遺産の頂でつくります。
熱い仲間たちと一緒に・・・・・・



何の迷いも無く。(あはは、言っちゃった。あるね、普通・・)
オマージュをこめて。



誕生日おめでとう。             ロテル・ド・比叡。





スポンサーサイト

category: ロテル・ド・比叡

thread: フレンチ  -  janre: グルメ

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。